西地区8位から11位までが1ゲーム差 10位サンズはオーランドで6戦全勝

[ 2020年8月11日 14:51 ]

サンダーのネイダーをかわしてシュートを放つサンズのブッカー(AP)
Photo By AP

 再開12日目を迎えたNBAは10日、フロリダ州オーランドで「シーディング・ゲーム」の5試合を行い、西地区全体10位のサンズは、35得点を挙げたデビン・ブッカー(23)の活躍などで5位サンダーを128―101(前半65―64)で下して32勝39敗。シーズン再開後は6戦全勝で8位グリズリーズに1ゲーム差、2試合の決着シリーズ(プレー・イン・トーナメント)に進出できる9位のトレイルブレイザーズには残り2試合となった段階で0・5ゲーム差まで迫ってきた。

 西地区第1シードが決まっているレイカーズは、2年連続でノースウエストのディビジョン優勝が決まった3位ナゲッツに124―121(前半64―59)で競り勝って52勝18敗。残り0・4秒、この日25得点のカイル・クーズマ(25)が3点シュートを決めて連敗を3でくい止めた。

 <10日の結果>

*サンズ(32勝39敗)128―101サンダー(43勝27敗)
マーベリクス(43勝30敗)122―114*ジャズ(43勝28敗)
*ヒート(44勝27敗)114―92ペイサーズ(43勝28敗)
ラプターズ(51勝19敗)114―106*バックス(55勝16敗)
*レイカーズ(52勝18敗)124―121ナゲッツ(46勝25敗)

 *はホーム扱いのチーム

 <西地区8位グリズリーズとのゲーム差>

 ▼9位トレイルブレイザーズ=0・5(2)
 ▼10位サンズ=1(2)
 ▼11位スパーズ=1(2)

 *シーディング・ゲーム(各チーム8試合)終了時点で再開シーズン参加チームの中で9位のチームが8位に4ゲーム差以内ならば2試合制の決着シリーズに突入。9位相当のチームが2勝すればプレーオフへ。カッコ内の数字は残り試合数。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月11日のニュース