体操界のホープ・北園丈琉 跳馬の大技「ロペス」に手応え 体操試技会

[ 2020年8月11日 05:30 ]

試技会に出場した北園
Photo By スポニチ

 東京五輪代表を目指す体操界のホープ、北園丈琉(17=大阪・清風高)が10日、大阪市内での試技会に出場し、跳馬の大技ロペスに手応えを見せた。着地で乱れたものの、「一応立つことができた」と納得の表情。実戦形式で試すのは2度目で、今回は「感じが良くて、もう少しでしっくりくるところまで来ていると思う」と前進を感じていた。

 五輪の団体代表(4人)になるために習得を目指している高難度の技。新型コロナウイルスの影響により約2カ月、器具を使用した練習ができておらず「試合で出す力をコントロールできていない」と課題を口にするものの、18年ユース五輪で5冠に輝いた逸材が、五輪に向けて再出発した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月11日のニュース