7月場所大混戦!御嶽海、執念の3連勝で初の関脇以下3度目Vへ「最後は笑いたい」

[ 2020年8月2日 05:30 ]

大相撲7月場所14日目 ( 2020年8月1日    東京・両国国技館 )

琴恵光(左)にすくい投げで勝利する御嶽海(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 最終盤でにわかに大混戦の気配が漂ってきた。関脇・御嶽海は平幕・琴恵光をすくい投げで下し、3敗をキープ。優勝争いトップの平幕・照ノ富士が2敗に、新大関・朝乃山が3敗にそれぞれ後退した。2日の千秋楽は御嶽海が照ノ富士を下せば、結びの3敗対決の勝者を含めた3人で優勝決定の巴戦にもつれ込む。

 どんな状況でも平常心を保てる。それが過去2度賜杯を抱いた実力者、御嶽海の強みだ。直前の取組で照ノ富士が2敗に後退し、勝てば千秋楽に逆転優勝の望みがつながる状況で出番を迎えた。思わぬ好機到来に浮足立ってもおかしくない。

 「自分の相撲だけに集中していました」

 相手は初顔合わせの琴恵光。立ち合いこそ踏み込んだものの、左おっつけ、浅い右差しで逆襲を許す。しかし土俵際、右すくい投げで土俵下へ転がした。「(相手が)どう来るか分からず、自分の相撲とはいかなかったけど、しっかり相手が見えていたので。落ち着いて相撲を取れました」。12日目の白鵬戦、13日目の輝戦に続き、攻め込まれながら、しぶとく3連勝。優勝争いにギリギリで生き残ってきた。

 今日の千秋楽は、2敗で単独トップの照ノ富士と激突する。勝てば、結びの朝乃山―正代の勝者を含めた3人で優勝決定の巴戦にもつれ込む。3人での巴戦は94年春場所(横綱・曙、大関・貴ノ浪、平幕・貴闘力)以来26年ぶりだ。

 この日土俵下で見守った藤島審判長(元大関・武双山)が「いい相撲が多く、いろんな展開があって、どうなるか分からない」と苦笑いする大混戦だ。御嶽海が18年名古屋場所、19年秋場所に続き、関脇以下で3度目の優勝を飾れば史上初。また、13日目終了時点でトップと2差から逆転優勝も史上初となる。偉業達成に最も必要なのは平常心だろう。

 「自分の相撲をしっかり取って最後に笑いたい」。セリフの棒読みに聞こえてしまうほど、興奮を感じさせない口調で宣言した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年8月2日のニュース