五輪組織委・武藤事務総長 スポンサー企業に契約延長を要請へ

[ 2020年6月13日 05:30 ]

東京五輪・パラリンピック組織委の理事会を終え、記者会見する武藤事務総長
Photo By 共同

 武藤事務総長は東京大会のスポンサー企業に対し、延期に伴う契約延長を丁寧に要請していく考えを示した。「12月末で契約が切れるので、今後各スポンサーに具体的に(延長の)話をしていく。来年の開催を前提に説明に上がりたい」と述べた。

 武藤氏は、11日に組織委とスポンサー企業によるリモート会議を開催したと説明し、情報提供に一層力を入れる意向を示した。新たなスポンサー企業の募集についても「参加いただく期限を設けていない」と前向きな姿勢を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月13日のニュース