フリースタイル・パーク女子 大池も金宣言「楽しいライディングをした上で金を獲りたい」

[ 2020年6月10日 05:30 ]

BMX五輪代表発表

東京五輪代表に選ばれ記者会見する、自転車BMXフリースタイル・パーク女子の大池水杜(日本自転車競技連盟提供)
Photo By 共同

 フリースタイル・パーク女子で代表に決まった大池も、「楽しいライディングをした上で金を獲りたい」と気合を入れた。

 女子の競技人口が少なく、男子選手と戦うことで実力を上げてきた。「女の子だからできない、とかの概念は外して練習をしていく」。18年にはW杯で日本人初優勝を飾った23歳。「まだ知られていない競技なので、楽しく技をしている姿を見せて、もっと知ってもらいたい」と意気込んだ。

 ◆大池 水杜(おおいけ・みなと)1996年(平8)12月2日生まれ、静岡県出身の23歳。幼少期からモトクロスに親しむ。島田工を卒業し、神奈川県内の建設会社を退職後、本格的に競技を開始。ビザビ所属。18年のW杯第2戦で日本勢初の優勝を遂げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月10日のニュース