×

スパーズのオルドリッジが右肩の手術で離脱 NBA再開シーズン出場は不可能

[ 2020年6月9日 09:41 ]

右肩を手術していたスパーズのオルドリッジ(AP)
Photo By AP

 NBAスパーズの主力フォワードで今季平均18・9得点と7・4リバウンドを挙げていたラマーカス・オルドリッジ(34)が4月24日に右肩腱板の手術を受けていたことが明らかになり、7月31日にフロリダ州オーランドでスタートする22チームによる再開シーズンに出場することは絶望となった。

 2月21日のジャズ戦で負傷したもので、来季の開幕には間に合うもよう。スパーズは3月12日の中断時点で27勝36敗。再開シーズン(レギュラーシーズンは残り8試合)には出場できるが、西地区全体では8位のグリズリーズに4ゲーム差をつけられている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年6月9日のニュース