NBAのリバウンド王がレストランで1000ドルのチップ ウエイトレス感涙

[ 2020年5月26日 08:26 ]

1000ドルのチップをレストランに置いてきたキャバリアーズのドラモンド(AP)
Photo By AP

 NBAのリバウンド王に過去3回輝いているキャバリアーズのセンター、アンドレ・ドラモンド(26)が、フロリダ州デルレイビーチのレストランで食事をした際、164ドル(約1万8000円)の請求に対して1000ドル(約10万8000円)のチップをはずんでいたことが明らかになった。

 食事をしたのは24日。驚がくのチップを受け取ったレストランのウエイトレス、カサンドラ・ディアスさんは「信じられなくてどうしていいかわかりませんでした。震えて涙が出てきました」とその模様を振り返っていた。レストラン側はチップの金額が記された請求書をインスタグラムで公開。スポーツ専門局のESPNなどが、ドラモンドの“善行”を伝えている。

 フロリダ州では2週間前から飲食店の営業が再開されたが、新型コロナウイルスの感染防止対策のために入店できるのは収容人数の25%まで。当然のことながら収益は落ち、それを察したドラモンドが「ホスピタリティーに感謝したかった」と、チップをはずんでレストランを支援する形となった。

 ドラモンドは今季途中で、デビューから8季在籍したピストンズからキャバリアーズにトレードで移籍。年俸は2700万ドル(約29億2000万円)で、今季のリバウンド部門でも平均15・2でリーグ1位となっている。

 なお元NFLベンガルズのWRだったチャド・ジョンソン氏(42)も前週、フロリダ州クーパーシティーのレストランで食事をした際、37ドル(約4000円)の請求に対して1000ドルのチップをはずんでいる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月26日のニュース