ラグビー・テストマッチ、開催困難の見通し「簡単にはできないというのが一致した意見」

[ 2020年4月16日 05:30 ]

 日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事は15日、今年6、7月に予定される日本代表のテストマッチについて、新型コロナウイルスの世界的感染拡大により、現状では開催が困難との見通しを示した。

 オンラインで行われた理事会後に取材に応じ、「見通しとしては、簡単にはできないというのが(世界各協会で)一致した意見」と述べた。

 一部の試合のみが開催されれば、各国協会の財政や強化の面で不均衡が生じるため、「各国歩調を合わせるように進んでいる」という。日本は6月27日にウェールズと、7月にイングランドと2試合を予定している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月16日のニュース