瀬古氏、福士エントリーも「厳しい戦いになる」連戦の難しさも指摘

[ 2020年2月14日 05:30 ]

3・8号砲 名古屋ウィメンズマラソン招待選手発表 ( 2020年2月13日 )

瀬古リーダー
Photo By スポニチ

 大阪国際女子マラソンで途中棄権した福士加代子(37=ワコール)もエントリー。五輪出場に向けた最後のチャンスに懸けるベテランについて「2時間20分台を狙うペースについていくことが必要なので厳しい戦いになる」と瀬古リーダーは評価。

 さらに、大阪から約1カ月でのレースに「一度大阪に向けて調整した分、名古屋に向けて調子を戻していくのは並大抵ではない」と連戦の難しさも指摘した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月14日のニュース