朝乃山、15日間後半意識で持久力アップ 3・8春場所初日

[ 2020年2月14日 05:30 ]

稽古を終えてちゃんこを食べる朝乃山
Photo By スポニチ

 大相撲春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)で大関獲りに臨む関脇・朝乃山(高砂部屋)が本場所後半を見据えた筋力トレーニングを行った。同部屋で基礎中心の稽古を終えると、地下にあるトレーニングルームへ移動。「重量を更新するためではなく回数を増やして筋肉の持久力を付ける目的。終盤の疲れを克服するためです」とこの日は下半身中心に鍛え上げた。

 14日から富山に帰省して約1週間、後援会関係者らと交流する予定。「地元の人と交流して本場所を頑張りたい」と意欲を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月14日のニュース