柔道・影浦、笑顔なし銀メダル 10年間無敗“絶対王者”リネール撃破も…決勝で無念

[ 2020年2月11日 05:30 ]

柔道 グランドスラム(GS)パリ大会最終日 ( 2020年2月9日    フランス・パリ )

男子100キロ超級で2位になり、銀メダルを手にする影浦
Photo By 共同

 男女計7階級が行われ、男子100キロ超級の影浦心(24=日本中央競馬会)は準優勝した。3回戦では五輪2連覇中、公式戦154連勝中だったテディ・リネール(30=フランス)を破る大金星を挙げ、東京五輪代表選考で大きくアピール。16年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(27=百五銀行)の背中を追う1メートル79、120キロの小兵が、猛烈なスパートをかけた。

 大金星を挙げながら、決勝でリオ五輪銅のフロルに屈した。手応えと悔しさが交錯した心境を表すように、表彰台の影浦は無表情だった。だが、10年間、負けなしの絶対王者を倒した事実は色あせない。「リネール選手に勝てたのは本当に大きい。倒せるのは自分だけ」と胸を張った。

 昨年10月の初対戦で善戦して以来「1日1回は(映像を)絶対に見た」。自身より25センチも高い2メートル4の相手の圧力にも下がらず、得意の担ぎ技で対抗。規定の4分間で決着がつかず、延長戦40秒、大外刈りを“まき餌”にリネールが内股で来たところを透かし、畳に浴びせ倒した。「チャンスを待っていた。狙っていた」という一発。騒然とする敵地で右拳を力強く握った。

 リネール最後の敗北は10年9月の世界選手権無差別級決勝の上川大樹戦。その試合は旗判定で、技のポイントでは07年12月の嘉納杯3位決定戦の高井洋平戦以来、実に12年ぶり。井上監督、重量級担当の鈴木コーチ、原沢も届かなかった。男子最重量級の金メダルが至上命令の東京五輪へ、光をもたらした。

 過去3年間で世界選手権個人戦には招集されていないが、4年前は同様のケースで原沢が逆転で代表入りした。優勝は逃したが、「最後まで諦めることなく狙っていきたい」と影浦。柔道人生を懸ける覚悟は固まった。

 ◆影浦 心(かげうら・こころ)1995年(平7)12月6日生まれ、愛媛県松山市出身の24歳。小4時に松前柔道会で競技開始。松山西中3年で全国中学大会90キロ超級5位。新田高から東海大に進学し、大学3年時にアジア選手権優勝。17年2月のグランプリ・デュッセルドルフ大会決勝で原沢を破りツアー初優勝。18年パリでグランドスラム初制覇。日本中央競馬会所属。1メートル79、120キロ。左組み。得意技は背負い投げ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月11日のニュース