羽生 3季ぶりに四大陸選手権出場 前人未踏の4回転半「習得のステップに」

[ 2019年12月24日 05:30 ]

全日本フィギュア エキシビション ( 2019年12月23日    東京・国立代々木競技場 )

オープニングに登場した羽生(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 4年ぶり出場の全日本で2位に入った羽生が「SEIMEI」を熱演した。連覇を達成した18年平昌五輪で使用した名プログラム。トリプルアクセルなどを決め、会場をとりこにした。

 スペシャルコラボレーションでは他の世界選手権出場スケーターとZARDの名曲「負けないで」を熱唱した。羽生は世界選手権に加え、3季ぶりに四大陸選手権に出場が決まった。前人未到の大技4回転半を「習得するステップにしたい」と語り、王者の輝きを取り戻す布石として初投入を視野に入れる。

 強行日程の続いたシーズン前半戦。雌伏の時を経て、戦いは新たな局面に突入する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月24日のニュース