バスケ日本 五輪開催国枠付与にはW杯16強レベル必要

[ 2019年2月23日 05:30 ]

バスケットボール男子 19年W杯アジア2次予選   日本97―89イラン ( 2019年2月21日    テヘラン )

 今回のW杯アジア予選は20年東京五輪にもつながる。国際バスケットボール連盟(FIBA)は3月の理事会で五輪の開催国枠付与を審議する方針。日本は「開催国枠を得るにはW杯16強程度の競技レベルが必要」と通達されており、今予選で世界と戦える実力を証明する必要がある。

 FIBAのワイス理事は昨年12月の来日時に「個人的には開催国が出ない五輪に魅力があるとは思わない」と語り、既に男子日本代表の五輪出場は有力視されていたがW杯予選7連勝で五輪切符獲得にまた一歩前進した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月23日のニュース