マジェスティ新1Wでかつてないインパクトの悦びを スポニチ54ホールチャレンジゴルフで試打可能

[ 2019年2月18日 12:00 ]

圧倒的な飛距離性能を持つマジェスティ・プレステジオ・テンは大会期間中に試打可能
Photo By 提供写真

 スポニチ54ホールチャレンジゴルフinグアムは6月6日〜10日に開催。3ラウンド、計54ホールの合計スコア(新ぺリア方式)を競う大会で、参加者を募集している。

 グアムを代表するオンワード・マンギラオGC、同タロフォフォGCで3日間3ラウンドで優勝者にグアムペア旅行(3泊4日)など豪華賞品も用意されている。期間中はマジェスティゴルフの最新ドライバー「マジェスティ・プレステジオ・テン」(23万円/税別)やフェアウエーウッド(15万8000円/税別)を無料で試打できる。

 このドライバーは世界に誇る日本の匠が究極のこだわりで作り上げた圧倒的な飛距離性能が特徴だ。フェースの薄肉エリアは従来よりも約60%増加。ボール初速とたわみ量、反発エリアもアップさせたため、飛距離アップのみならずミスショットによる飛距離ダウンを大幅に軽減してくれる。シャフトには航空宇宙分野で開発された「パイロフィル」MR70を使用。さらなる軽量化で、しなり感を持ちながら方向性も安定させた。

 グアムの美しいゴルフ場で、ぜひその打ち心地を体験してみよう。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月18日のニュース