ウォリアーズのカリーが足首の捻挫で戦列離脱 回復まで2週間

[ 2017年12月6日 13:29 ]

足首の捻挫で戦列を離脱したカリー(AP)
Photo By AP

 NBAウォリアーズの主力ガード、ステフィン・カリー(29)が右足首の捻挫で少なくとも2週間は戦列から離れることになった。

 4日のペリカンズ戦の終了間際、ペリカンズのイートワン・モーア(28)と接触した際に負傷。遠征先となったシャーロット(北カロライナ州)市内の病院で受けた精密検査では、じん帯や骨に異状はなかったものの、患部が腫れているために6日のホーネッツ戦を含めて今後の試合出場を断念した。

 カリーは今季リーグ4位の26・3得点をマーク。昨季のファイナルを制したウォリアーズにとっては貴重なシューターを一枚欠く布陣で当面の試合を乗り切る必要があり、25日のクリスマス・ゲームで組まれているキャバリアーズ戦での出場も微妙になった。

 ウォリアーズは現在4連勝中で19勝6敗。西地区全体首位のロケッツ(18勝4敗)を0・5差で追走している。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月6日のニュース