ロシア平昌五輪参加禁止…樋口はメドベージェワ出場願う「すごく強く思う」

[ 2017年12月6日 14:18 ]

グランプリファイナル公式練習で華麗な演技を見せる樋口新葉(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 国ぐるみのドーピング問題で来年2月の平昌冬季五輪からロシア選手団が除外されることになり、同国に有力選手が多数いるフィギュアスケートは大きな影響が及びそうだ。

 GPファイナル(7日開幕、名古屋)の練習に参加した女子の宮原知子は「どの国の選手も五輪に出場してほしいという気持ちはある」とクリーンな選手たちの心情を慮った。ロシアの世界女王メドベージェワは現時点で個人資格での参加について態度を保留している。同世代で親交のある樋口新葉「(一緒に出たいと)すごく強く思っている」と語った。

 GPファイナルはメドベージェワが右中足骨の骨折で欠場。ロシア女子のザギトワ、ソツコワはこの日の練習に参加しなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年12月6日のニュース