平幕・魁聖の「ラッキー毛」 鶴竜から「その毛、抜けよ」も断固拒否

[ 2017年11月24日 11:58 ]

魁聖
Photo By スポニチ

 角界を揺るがすニュースばかりに目が行きがちだが、そんな中でも相撲界には明るい話題があふれている。今回、癒やしのネタを提供してくれたのはブラジル出身の平幕・魁聖(友綱部屋)だ。

 11日目の千代翔馬戦に勝利し戻った支度部屋。上がり座敷から立ち上がる魁聖の左眉からヒョロっと伸びる一本の毛が見えた。天井の蛍光灯が照らす毛の長さは4センチ。白髪のため近寄らないと分からない。気になり尋ねてみると、年6回の場所限定で生えるそうだ。冗談ですよね?。突っ込みを入れると「本当です」。しかも、場所後には「アレッ、どこいったんだろう」と、いつの間にか抜けているというのだ。

 まだ大関だった鶴竜と対戦した時、立ち合い直前で鶴竜の目に留まり後日、「笑いそうになったよ。その毛、抜けよ」と指摘されたという。先輩から“物言い”をつけられたが、「無理です。これは“ラッキー毛”なので」と断固拒否。いずれにしても、鶴竜戦は11戦全敗である。

 十両時代にも毛にまつわるエピソードがある。体毛が濃い魁聖は左肩を負傷して患部付近を剃毛したところ、風邪を引いたことがあるという。何重にもテーピングを巻く膝周辺は、ほぼ毛が抜けており「ここだけスースーして寒いんですよ。全身剃ったら死んじゃうかも」と真顔で口にするほど毛に守られている。勝ち越しがかかるきょう13日目は朝乃山戦。「ラッキー毛」に祈りを込めて土俵に立つ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年11月24日のニュース