遼は52位 ショートゲームに苦闘、反省「練習量が足りない」

[ 2017年11月24日 05:30 ]

男子ゴルフツアー カシオ・ワールドオープン第1日 ( 2017年11月23日    高知県安芸郡 Kochi黒潮カントリークラブ=7315ヤード、パー72 )

カシオ・ワールド第1日 18番、セカンドを“直ドラ”でグリーンを狙う石川
Photo By スポニチ

 石川はショートゲームで苦しんだ。スタートの10番パー5で第1打を320ヤード飛ばしバーディーを奪うも、11番パー3ではアプローチが3メートルもオーバーしてボギー。3パットのボギーもあり、「ドライバーとアイアンは成果を感じるけど、アプローチは練習量が足りていないのが出た」と反省した。52位と出遅れたものの、「明日頑張って予選を通って、4日間いいショットの内容を求めたい」と2戦連続予選通過を見据えた。

 ▼1位谷口徹 風が強かったがバーディー先行だったのが良かった。今やっていることの確信が持てるように優勝したい。(来年2月に50歳になるベテランが健在)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月24日のニュース