PR:

稀勢の里 夏場所新番付で初の東横綱 土俵上での稽古再開は「明日からでも」

番付を手に会見をする稀勢の里
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は1日、大相撲夏場所(14日初日、両国国技館)の新番付を発表し、3連覇を狙う横綱・稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)が横綱2場所目で初めて東の正位に就いた。日本出身の横綱が番付最上位となるのは、2001年名古屋場所の貴乃花以来16年ぶり。稀勢の里は番付発表に合わせ、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で記者会見を行った。

 現役力士の頂点に立ったことには「やる気というか、これからという気持ち」と話し、表情を引き締めた。新横綱だった春場所で左大胸筋と左上腕二頭筋部を負傷し、4月の春巡業は全休。「お客さん、応援してくれる方々に本当に申し訳ない」と謝った上で「その分、5月場所でいい姿を見せられるように、力まず焦らずやるだけ。治療、トレーニング、稽古に精進したい」と誓った。

 ケガの状況について詳細は明かさなかったが「上向き。(ケガをしてから)何週間もたっているし、だいぶ落ち着いている。一日一日よくなってきているので、しっかり初日に会わせていきたい」と説明した。巡業を休場している間は田子ノ浦部屋でトレーニングを続け「基本的には下半身中心。巡業には出なかったが、自分と向き合って充実した1カ月だった」と振り返った。

 土俵上での稽古再開については「よければ明日からでもやる。しっかりやれるように準備していく」と話した。夏場所の出場については明言しなかったものの、できる限りの稽古を積み重ね、初日に向けて調整していく。

[ 2017年5月1日 11:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月23日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画