錦織は世界7位に 昨年8月以来のトップ5陥落 

[ 2017年4月4日 05:30 ]

 男子テニスの3日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)が自己最高の4位から7位に下がった。トップ5から外れたのは7位だった昨年8月29日付以来。

 西岡良仁(ミキハウス)は58位から64位に下がった。杉田祐一(三菱電機)は97位、ダニエル太郎(エイブル)は99位。1位アンディ・マリー(英国)、2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、3位スタン・バブリンカ(スイス)は動かず、ロジャー・フェデラー(スイス)が6位から4位。ラファエル・ナダル(スペイン)も2つ上げて5位となった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年4月4日のニュース