羽生 凱旋帰国 約500人のファンの出迎えに笑顔

[ 2017年4月4日 15:51 ]

帰国した羽生(中央右)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界選手権で3年ぶり2度目の優勝を果たした羽生結弦(22=ANA)が4日、開催地のフィンランド・ヘルシンキから羽田空港に帰国した。約500人のファンの出迎えを受け、「(ソチ)五輪の後をほうふつさせる長い列で迎えてくださって、気持ちよく帰国することができた」と笑みを浮かべた。

 ショートプログラム(SP)は5位だった羽生だが、フリーでは自身の世界最高得点を更新する223・20点をマークして逆転の金メダル。「レベルの高い試合で優勝できて、試合中に成長できた部分がたくさんあった」と世界選手権を振り返った。

 平昌五輪シーズンとなる来季のプログラムについては「まだ定めていない。慎重に考えないといけない。1つ1つ、いろんな曲を聞いていきたい」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月4日のニュース