伊東、葛西ら本戦へ W杯ジャンプ個人第23戦

[ 2017年3月16日 07:22 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は15日、ノルウェーのトロンヘイムで個人第23戦(ヒルサイズ=HS140メートル)の予選が行われ、伊東大貴(雪印メグミルク)が135メートルで7位、小林陵侑(土屋ホーム)が129メートルで21位、44歳の葛西紀明(土屋ホーム)は121・5メートルで23位となったほか、日本勢は出場6選手中5人が16日の本戦に進んだ。

 竹内択(北野建設)は33位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は44位で通過。作山憲斗(北野建設)は58位で落選した。

 14日にリレハンメルで中止となった個人戦1試合は、17日にビケルスン(ノルウェー)で開催されることが決まった。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年3月16日のニュース