藍 沖縄で「記念館」落成式 優勝して新たなトロフィー飾る! 

[ 2017年3月7日 05:30 ]

出身地沖縄県東村の記念館落成式に出席し、テープカットをする宮里藍(右)と兄の聖志=6日
Photo By 共同

 女子ゴルフの宮里藍(31=サントリー)が長兄・聖志(40=フリー)とともに6日、故郷・沖縄県国頭郡東村の東村文化・スポーツ記念館(4月上旬オープン)の落成式に列席した。

 次兄・優作(36=フリー)を含む3人は同村の名誉村民となっており、館内には3きょうだいの展示コーナーが設けられた。3人がゴルフを始めた頃に使っていた長さ43センチのパターや、子供用のクラブなど思い出の品や写真が展示されているほか、幼少時代の秘蔵ビデオが見られる設備もある。宮里藍は「本当に素晴らしい記念館。優勝して新しいトロフィーを飾ってもらうことをモチベーションにしたい」と話した。

 16日開幕のバンク・オブ・ホープ・ファウンダーズカップ(アリゾナ州)に備えて7日に渡米する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年3月7日のニュース