池江 仏合宿終え帰国、現地大会でリオ3冠ホッスーに勝利も「まだまだ」

[ 2017年3月7日 17:24 ]

フランスでの合宿を終えて羽田に帰国した池江璃花子 
Photo By スポニチ

 競泳女子の池江璃花子(16=ルネサンス亀戸)が7日、約2週間のフランス合宿を終えて羽田に帰国した。

 現地の大会ではリオ五輪3冠のホッスー(ハンガリー)とも一緒にレースし、200メートル自由形では初めて勝った。「うれしかったです。でもホッスー選手は何種目も出て疲れている中でのレースだったと思う。まだまだです」と喜びは控えめだ。

 ホッスーは多種目に挑戦することで有名だが、池江も世界選手権(7月 ブダペスト)の代表選考会を兼ねた4月の日本選手権(名古屋)には5種目(自由形の50メートル、100メートル、200メートル、バタフライの50メートル、100メートル)にエントリー予定。「出場するすべての種目で派遣標準記録を切って、個人種目で代表入りすることが目標です」と力強く誓った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年3月7日のニュース