宮原 高校の卒業式に出席 将来トリプルアクセル挑戦も表明

[ 2016年2月14日 05:30 ]

関大高の卒業式に出席した宮原知子

 フィギュアスケートで全日本選手権2連覇中の宮原知子(17)が13日、高槻市であった関大高の卒業式に出席した。得意の英語では模試で学年6位の成績を残すなど、フィギュアだけではなく勉学にも励んだ3年間。「大変な時もあったけれど、頑張れたと思う」と友人との別れを惜しみ涙した。

 高校生ラスト試合は18日開幕の四大陸選手権(台北)。2年連続2位とあって「準優勝が多いので優勝を目指して頑張りたい」と三度目の正直へ自らを鼓舞した。

 また将来的には練習でも成功したことのないトリプルアクセルへの挑戦も表明。「今のフリーは絶対跳べるジャンプの構成になっているけれど、もう少し挑戦できる構成に変えたい」と少しずつレベルアップを図るつもりだ。4月からは関大文学部に進学する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年2月14日のニュース