京セラ女子陸上部 佐藤敦之新監督迎え、新拠点で本格始動

[ 2014年5月7日 17:28 ]

 2008年北京五輪男子マラソン代表の佐藤敦之氏(35)を新監督に迎え、活動拠点を京都から鹿児島に移した京セラ女子陸上部が7日、本格始動した。鹿児島国分工場の朝礼で、社員約千人を前にあいさつした佐藤新監督は「目指すのは、世界で戦う強い京セラ陸上部の復活だ」と力強く語った。

 部員わずか2人からの再出発となったが、午後に行った練習では、04年アテネ五輪代表で、現役時代は京セラにも所属していた妻美保さん(36)もコーチとして加わり、熱心に指導に当たった。

 今後は地元選手を中心に、スカウト活動にも力を入れる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年5月7日のニュース