15日からグラチャン後半戦 真鍋監督 江畑の復帰示唆

[ 2013年11月15日 05:30 ]

3連戦に向け、抱負を述べる女子日本代表の真鍋政義監督

 バレーボールのワールドグランドチャンピオンズカップ女子大会は、15日から東京体育館で後半戦が行われる。

 日本代表の真鍋政義監督(50)は都内で会見し、名古屋ラウンドは腰痛で不出場の江畑幸子(24=日立)について「出られる状態にはなっている」と説明。15日のタイ戦での復帰を示唆した。

 今大会はセンターを1人にし、アタッカーを4人配置する新戦術「MB1」を採用。指揮官は「(センターが)1人がいいのか2人がいいのか、それともゼロがいいのか。大会が終わって検証してから次に進む」と話し、今後「MB0」にトライする可能性も示していた。日本代表は16日にドミニカ共和国、17日はブラジルと対戦する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年11月15日のニュース