柔道の山口香氏 瀬古氏の後任で都教育委員起用へ 

[ 2013年3月21日 06:00 ]

 東京都は20日までに、柔道元世界女王で筑波大准教授の山口香氏(48)を都教育委員に起用する方針を固めた。

 今月末で辞任する瀬古利彦氏(56)の後任。開会中の都議会定例会に人事案を提案し、議会が同意すれば4月1日付で就任する。

 山口氏は84年世界選手権で日本女子初の優勝を果たし、88年ソウル五輪で銅メダルを獲得。全日本体重別選手権では10連覇し“女三四郎”と呼ばれた。女子柔道の暴力指導問題では告発した選手をサポートした。日本オリンピック委員会(JOC)の理事も務める。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2013年3月21日のニュース