×

執行部配慮不足…貴乃花親方 被災地訪問断念

[ 2011年4月14日 06:00 ]

 貴乃花親方(元横綱)が、14日に東日本大震災の被災地、宮城県南三陸町を訪問する予定をキャンセルした。同親方は事前に支援活動の申請書を相撲協会に提出しており、13日夜に支援物資を持ってバスで都内を出発する予定だった。

 しかし臨時理事会が14日に急きょ開催されることが決定し、被災地行きを断念せざるを得なくなった。同親方は「被災者を勇気づけたかったのですが…」と残念そうに話した。南三陸町では人気者の同親方と対面するのを楽しみにしていた被災者も多く、相撲協会執行部が臨時理事会の日程に余裕を持たせれば対面も可能だっただけに協会執行部の被災者支援の姿勢に疑問が残る結果となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2011年4月14日のニュース