×

「侮辱賞状」の住宅会社 社員への誹謗中傷に悲痛「お控えいただきますようお願い申し上げます」

[ 2022年6月28日 13:06 ]

 40代の男性社員=2018年に自殺=に賞状を模して侮辱する内容の書面を渡すなどし、遺族から今月20日に青森地裁に提訴された青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が28日までに公式サイトを更新。社員への誹謗(ひぼう)中傷を書き込まないよう呼びかけた。

 「弊社従業員に関するインターネット上への記載について」というタイトルで更新。「弊社に関する一連の報道の件につきまして、お亡くなりになりました元従業員の方、ご遺族の皆様、関係者の皆様には多大なるご迷惑をお掛けしておりますこと、深くお詫び申し上げます。弊社といたしましては、今回の事態を重く受けとめ、最大限の対応をして参る所存でございます」と謝罪。

 その上で「現在、インターネット上に、報道されております案件とは全く関係のない弊社従業員の名前等が掲載され、また誹謗中傷の書き込みもなされております」と現状を報告。「今回の事態に関する責任は、全て弊社にございますので、弊社従業員の個人を特定するような記載、又は誹謗中傷につながる記載はお控えいただきますようお願い申し上げます」と呼びかけた。

 同社は23日、一連の報道に対する謝罪文を公式サイトに掲載。「重く受けとめ、最大限誠意ある対応をとる所存でございます。現在、原因の調査並びに再発防止策の取りまとめを進めておりますので、取りまとめ次第、速やかに公表させていただきます」としていた。

 遺族はパワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8000万円の損害賠償を求め、提訴。会社側は「表彰の一環」と説明している。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月28日のニュース