今井絵理子議員 応援演説で有権者から思わぬツッコミに苦笑い

[ 2019年7月13日 22:27 ]

 元「SPEED」で自民党の今井絵理子参院議員(35)は13日、参院選大阪選挙区で応援演説し、有権者から思わぬツッコミを受ける場面があった。

 この日朝に大阪市内に入った今井氏。大阪ミナミの応援演説のメッカ・高島屋前で声を枯らした。有権者から9月のW杯日本大会にちなんでラグビーボールを受け取り「府民の声を国会に届ける」というパフォーマンスを披露。「子育て支援を」「年金をきっちりもらえるように」との女性有権者の声に「必ず声を届けます」と誓った。

 好意的な言葉が多く「大阪の皆さんは熱気がすごい」と喜んだが、60代男性から「まだ新幹線で手を握ってるんか?」。17年7月に写真週刊誌に掲載された元神戸市議で歯科医の橋本健氏(39)とのツーショット写真のことを冷やかされ、苦笑い。「いえ、ないですよ」と答えた。

 その後もなんばグランド花月前でお笑い芸人・坂田利夫(77)の着ぐるみと一緒に写真撮影し「頑張りまっせ、やりまっせ」と声を張り上げた。

 午後には新潟選挙区に移動し、麻生太郎副総理兼財務相(78)と合流、応援演説に奔走した。

続きを表示

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

「結婚特集」特集記事

2019年7月13日のニュース