×

鹿島MF名古新太郎「最終的に一番上にいないと意味がない」 26日G大阪戦で後半戦白星発進を

[ 2024年6月24日 19:11 ]

G大阪戦に向けて調整する名古
Photo By スポニチ

 2位の鹿島は26日、勝ち点で並ぶ3位G大阪をホームに迎える。前回対戦の4月28日G大阪戦から10戦負けなしを継続中。その試合からトップ下に定着し、好調を支えるMF名古新太郎(28)は「ガンバも凄く勢いがある。難しい試合になると思うけれど、ホームでは特に負けられない」と気合十分に語った。

 前半戦は首位・町田に勝ち点2差の2位で折り返し。

 「もちろん満足いく結果ではないし、取りこぼした試合もある」

 22日の浦和戦も詰めの甘さが出て、2点リードを守り切れなかった。「まだ自分たちは何も成し遂げていない。最終的に一番上にいないと意味がない。後半戦もしっかり続けて、次のガンバ戦でいいスタートを切りたい」。30日には4位の神戸戦が控える。早くもヤマ場を迎えているが、今季6勝3分けと負け知らずのカシマスタジアムで不敗記録を継続していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月24日のニュース