×

神戸にもついに“謎の練習生”現る「すごく懐かしい」

[ 2022年6月24日 14:55 ]

古巣・神戸の練習に参加し、“師匠”と仰ぐMFイニエスタとストレッチする日本代表FW古橋亨梧(C)Vissel kobe
Photo By スポニチ

 昨今、各クラブに出現している“謎の練習生”が、ついに神戸にも現れた。日本代表FW古橋亨梧(27=セルティック)が24日、昨夏まで在籍した古巣の練習に参加。クラブ公式SNSでは“師匠”と仰ぐMFイニエスタとストレッチするなどリラックスした様子がアップされた。あす25日まで練習に参加する予定で、26日のリーグ浦和戦(ノエスタ)に来場する。

 古橋はクラブを通じて「すごく懐かしいなと思いながらも、練習参加させて頂いたことに感謝しかないです。自分ができることをやって、何か皆に元気を与えられたらなと思っていましたが、いい選手が揃っているので、(練習が)すごく楽しかったです。(チームメートとは)セルティックのことや代表のことや、向こうでの過ごし方など色々話せたので嬉しいです」などとコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年6月24日のニュース