阪南大から59人目のJリーガー DF本石捺がJ3岐阜への加入決定

[ 2021年1月13日 16:00 ]

 阪南大は13日、DF本石捺(もといし・なつ、21)がJ3岐阜に加入することを発表した。

 大阪府出身の本石は、大阪セゾンFCから佐野日大高を経て阪南大に入学。左足のキックの精度を持ち味としたセンターバックで、ビルドアップなどに長けており、守備に欠かせないスプリント能力なども兼ね備えている。

 同大学サッカー部から59人目のJリーガーとなる本石は、大学広報を通じて以下のようにコメントした。

 「このたび、2021シーズンよりFC岐阜に加入することになりました本石捺です。FC岐阜でプロになることができて嬉しく思います。今まで自分に関わり、支えて頂いた皆様への感謝を忘れず日々努力し、一日でも早くチームの勝利に貢献できるように頑張りますので応援よろしくお願いいたします」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2021年1月13日のニュース