C大阪 ロティーナ監督 西川は「FWの方が良いプレーできる 適応させいきたい」

[ 2020年10月17日 05:30 ]

C大阪MF西川潤
Photo By スポニチ

 C大阪のU―19日本代表候補MF西川潤(18)が、今後はFWとして起用される見通しだ。17日に横浜戦(ヤンマー)を控え、練習後にロティーナ監督がオンラインで取材対応。前節湘南戦に2トップの一角で途中出場したルーキーについて「潤はFWの方が良いプレーができると思っている。できるだけFWのポジションで適応させていきたい」と方針を示した。

 今季開幕から右MFの定位置をMF坂元と争ってきたレフティー。だが、湘南戦やプロ初ゴールを決めた柏戦はFWとして送り込まれインパクトを残した。「より彼が心地よくプレーできるのはFW」と指揮官。一方で「チームが必要とするポジションに適応することを求めるかもしれない」と付け加えた。

 3位につけながら、ゴール数はリーグ9位タイ。桐光学園高ではトップ下など中央のポジションを得意としてきた西川だけに、FWとして躍動すれば、得点力不足を解消する切り札になるかもしれない。個の打開力に加え、パスセンスも兼ね備える18歳が起爆剤になる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月17日のニュース