元ドイツ代表FWマリオ・ゴメス 神戸移籍合意か 複数の海外メディアが報道

[ 2020年6月6日 05:30 ]

過去にバイエルン・ミュンヘンなどでも活躍した元ドイツ代表FWマリオ・ゴメス(右)
Photo By スポニチ

 ドイツ2部シュツットガルトに所属する元ドイツ代表FWマリオ・ゴメス(34)が、今夏に神戸に加入すると複数の海外メディアが報じた。

 イタリアのサイト「seriebnews.com」では6月30日までのシュツットガルトとの契約を更新せず、新天地として日本を選択したとし「神戸とすでに合意している」とも報じている。かつてバイエルンなどでも活躍し、ドイツ代表では78試合出場で31得点を挙げている1メートル89の大型FW。昨秋にも神戸への移籍が報道されていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月6日のニュース