マジョルカ久保 合流即出る!指揮官がビルバオ戦での起用示唆

[ 2019年9月13日 05:30 ]

日本代表戦を終え、マジョルカに合流したMF久保
Photo By スポニチ

 日本代表MF久保建英(18)は12日朝にスペイン・マジョルカに戻り、午前中の練習に参加した。10日に敵地で行われたW杯アジア2次予選ミャンマー戦では後半36分から出場し、同予選の最年少出場記録(18歳98日)を更新。クラブに戻ると疲れた様子も見せず、2人組でのパス交換や手と頭だけを使用したミニゲームを精力的にこなした。また、ピッチに入る時にチーム広報から「日本で何を食べたんだ」と聞かれるなど順調になじんでいる姿も披露した。

 13日のビルバオ戦について、ビセンテ・モレノ監督(44)は「変なことでも起こらない限り、タケは明日の試合もOKだ。チームでの練習時間が少ない分、多かった選手たちよりも可能性は低いが」と途中出場での起用を示唆。「今朝8時50分に着いたばかりで、そこから練習に来た。彼は意欲満々でプレーするのをとても楽しみにしている。長旅はどうだったかと聞くと“パーフェクト!”と答えた。問題があっても意欲でそれを補うことができる」と久保の意欲を買っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月13日のニュース