FC東京MF橋本拳人「お茶を点てて精神を整える」 “地獄のロード”乗り切る意外なリラックス法

[ 2019年8月22日 19:52 ]

FC東京の橋本
Photo By スポニチ

 リーグ首位のFC東京は22日、都内で24日の札幌戦に向けたトレーニングを非公開で行った。ラグビーW杯の影響で本拠が使用できず、同試合を皮切りにアウェー8連戦を迎える。

 前節はホームで広島に0―1と惜敗し、連勝が3でストップ。2位の鹿島との勝ち点差も4に縮まり、勢いを削がれて“地獄のロード”を迎える。日本代表MF橋本拳人(26)は「連勝していて、久しぶりに負けるとやっぱりガクッとくる。それを引きずらずに次に臨めるかが一番大事になる」と気を引き締めた。

 会場は札幌ドームとなり、なかなか経験できない屋内決戦。「視界的に少し変な感じがする。だけど、そんなことを言ってはいられない。13時キックオフも久しぶりだし、とにかく自分がやるべきことを整理して臨みたい」。ナイトゲームとは自身で調整の仕方に変化をつけ、勝ち点3をもぎ取る覚悟だ。

 アウェーでの試合が続く場合、長距離移動のケアだけでなく、いかにリラックスするのかも重要なポイントとなる。橋本のアイテムは抹茶、茶筅、茶碗の茶道セット。自らがお茶を点て、緊張を緩和する時間を演出する。ラクロス女子日本代表の小堀優子さんに「スポーツと通じるところがある」という話を聞き、1カ月ほど前から始めたという。「(14日に行われた)天皇杯3回戦の甲府戦にも持って行った。お茶を点てて、精神を整える。必須アイテムですね」。未知のアウェー8連戦、橋本は『茶道』で気持ちの揺らぎを抑えて乗り切る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月22日のニュース