Jリーグ サポーター間のトラブルで浦和、横浜に制裁金200万円

[ 2019年8月22日 17:02 ]

 Jリーグは22日、7月13日の明治安田生命J1リーグ第19節横浜―浦和の試合前に発生した、両クラブ一部サポーター間におけるトラブルについて、両チームにけん責と制裁金200万円を課したと発表した。

 トラブルは一部の浦和サポーターによるスタンドでの事前応援準備の終了時間が1分30秒超過した事が理由となり、浦和側入場ゲートの開門時間が15分以上遅れる事となった。それに抗議する一部の浦和サポーターが横断幕掲出禁止エリアに横断幕を掲出。この行為を見た横浜サポーター約40人が緩衝エリアに侵入し浦和側スタンドに詰め寄り、フェンス越しで浦和サポーター約20人と揉み合いに。その際、双方で暴力行為が発生し、負傷者が発生。揉み合いの最中に、浦和サポーターによって緩衝エリアの人がいない場所へ向けて傘1本が投げ込まれたもの。

 横浜は主管クラブとしての警備責任、浦和側はサポーターによる横断幕掲出を巡るトラブルは今シーズン4回発生しているということを重く見た。

 さらに、浦和は社内処分として立花洋一代表が5カ月間に渡って役員報酬10%を自主返納するとともに、競技運営部・本部長と部長に対し厳重注意。横浜も管理監督責任を明確にするため、黒澤社長の報酬10%を3カ月間減額、競技運営の担当部長に対し厳重注意とすることも併せて発表された。

 今回のトラブルを巡り、横浜はサポーター1人に対し、7月20日の神戸戦から8月31日のG大阪戦までの8試合のスタジアムへの入場禁止、トラブルに関与したサポーター40人に対しての厳重注意を行っている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月22日のニュース