湘南 指揮官不在も斎藤「大丈夫」、雰囲気良くなった

[ 2019年8月22日 05:30 ]

 湘南は24日のアウェー仙台戦へ約2時間の練習を行った。活動自粛中のチョウキジェ監督に代わり指揮する高橋コーチは「リフレッシュになると思って」と選手を2組に分けてのシュート対決を提案。ゲーム的要素を盛り込んだ内容で、チームを和ませた。

 U―20日本代表MF斎藤は「チームの雰囲気は先週よりも良くなっている」とし「湘南スタイルは選手一人一人に染みついているから大丈夫」と力強く語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月22日のニュース