神戸 フィンク監督、天皇杯VでACL切符だ 主力を帯同

[ 2019年8月14日 05:00 ]

天皇杯の大宮戦に向けて抱負を語る神戸・フィンク監督
Photo By スポニチ

 来季のACL出場に向けて、14日の天皇杯3回戦J2大宮戦へ神戸・フィンク監督が本気度を示した。「ACLの出場権を獲得するには、この方法(天皇杯優勝)しかない」と語り、元スペイン代表MFイニエスタは外れるものの、できる限りの主力を遠征に帯同させた。

 また真珠腫性中耳炎のためドイツで療養していたFWポドルスキは13日、自身のツイッターで「日本に向かっている」とつづった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月14日のニュース