湘南チョウキジェ監督、指導自粛 調査結果次第で解任も

[ 2019年8月14日 05:30 ]

調査が終わるまで指導を控えることになった湘南・チョウキジェ監督
Photo By 共同

 湘南は、選手やスタッフへのパワハラ疑惑が浮上しているチョウキジェ監督(50)がJリーグの調査が終了するまで、指揮、指導を控えると発表した。当面は高橋健二コーチ(49)が代行を務める。調査の結果次第では監督解任の可能性も出てきた。

 17日のホーム鳥栖戦へ向けて13日から練習を再開したが、チョウ監督はクラブに姿を現さなかった。練習前のミーティングで真壁会長、水谷社長、坂本強化部長が選手に今回の経緯とチョウ監督が指揮、指導の自粛などを伝えた。クラブは選手を練習に集中させようと、急きょ鳥栖戦までの練習は全日非公開にした。日本代表DF杉岡は「やることは変わらない。動揺?別に」と話したが、ベテランMF梅崎は「分からない部分が多い。正直、こんな状態で試合できるのかというところは凄くある」と当惑の表情を見せた。

 Jリーグの調査期間は未定。J1残留を目指すチームに、指揮官不在の影響が出ることは間違いない。監督交代の可能性も含めて今後は流動的だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月14日のニュース