ネイマール 南米選手権欠場…5日親善試合で右足首じん帯断裂

[ 2019年6月7日 05:30 ]

カタールとの親善試合で右足首を負傷したブラジル代表FWネイマール(AP)
Photo By AP

 ブラジル代表FWネイマール(27=パリSG)が5日の国際親善試合カタール戦で右足首じん帯を断裂し、南米選手権を欠場することが決まった。6日にブラジル連盟が発表した。ネイマールはカタール戦の前半21分に相手のタックルを受けてピッチに倒れ込み、そのまま途中交代。試合終了前に松葉づえをついてスタジアムを去った。その後の検査の結果、南米選手権までに回復する見込みがないと診断された。

 ネイマールはパリのホテルで女性に性的暴行を働いて訴えられたと報道された後、これが初めての試合だった。自身は暴行疑惑を否定したが、大きな騒動となっていた。ブラジルは14日(日本時間15日)にボリビアとの初戦を迎える。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年6月7日のニュース