鹿島MF白崎 決勝弾演出も謙遜「あれはセルジのスーパーゴール」

[ 2019年5月13日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ第11節   鹿島1-0神戸 ( 2019年5月12日    ノエスタ )

前半17分、クロスを上げ先制点をアシストする鹿島・白崎(左) 
Photo By スポニチ

 前半17分のセルジーニョの芸術的なボレーでの得点を、鹿島のMF白崎が演出した。少し前のプレーで「裏を見て」と要求されていたFWの動きを見逃さず、中盤の左から対角線上に長いクロスを見事に合わせた。

 「いい動きだしをしてくれたので、あれはセルジのスーパーゴール」。謙遜したがこれでリーグ戦3戦連続アシストだ。後半23分に交代するまでチーム最長8・5キロの走行距離と25回のスプリントも記録。マレーシアからの移動も含めてACLから中3日という厳しい状況の中でリーグ戦2連勝に貢献した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年5月13日のニュース