イニエスタ、病院訪問で子供らと交流「会えて良かった」

[ 2018年11月29日 05:30 ]

兵庫県立こども病院を訪れ、入院中の子どもたちと交流するJ1神戸のイニエスタ
Photo By 共同

 神戸の元スペイン代表MFイニエスタが神戸市の兵庫県立こども病院を訪問し、入院中の子供たちと交流した。「会えて良かったです。何回も会えるといいですね」とあいさつし、大興奮の様子の子供らにユニホームやマフラータオルなどをプレゼントした。

 質問にも応じ、どうしたらプロになれるかとの問いに「毎日目標を持って練習すること。今も変わらず続けている」と説いた。好きな言葉については「“努力”と“リスペクト”を大切にしている」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年11月29日のニュース