浦和、C大阪・健勇獲り!既に好条件オファー 本人も移籍前向き

[ 2018年11月29日 05:30 ]

C大阪・杉本
Photo By スポニチ

 浦和が来季の新戦力としてC大阪の日本代表FW杉本健勇(26)を獲得することが28日、濃厚となった。複数の関係者によれば既に好条件での獲得をオファーし、杉本自身も移籍に前向きという。新生森保ジャパンでも台頭しつつあるストライカーが来季は赤いユニホームに袖を通す。

 杉本と言えば国内屈指の万能FW。1メートル87の長身で空中戦に強くスピードと足元の技術も備える。ヘタフェのオファーを断って残留した今季は右足中指の剥離骨折、右肩脱臼に苦しみながら現在5得点。前節柏戦後には「最後は勝って終わりたい」と話していた。もちろん万全なら22得点を記録した17年のように得点王を争う爆発力を秘める。

 興梠が健在の浦和だが、26歳の若き大砲は喉から手が出るほど獲得したい存在。C大阪も慰留に努める方針だが、4年後のW杯出場を見据える杉本が移籍を決断する可能性は高いという。実現すれば興梠、ファブリシオらと形成する前線の破壊力は国内トップクラスとなる。

 ◆杉本 健勇(すぎもと・けんゆう)1992年(平4)11月18日生まれ、大阪市出身の26歳。C大阪の下部組織から10年にトップチームとプロ契約。12年にはJ2東京V、15年には川崎Fでプレーし、16年から再びC大阪に復帰した。J1通算176戦44得点。17年に日本代表にも初選出され、国際Aマッチ通算8戦1得点。1メートル87、79キロ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年11月29日のニュース