長友、守備で完封貢献 7季ぶりに躍動「最高の戦いができた」

[ 2018年9月20日 05:30 ]

欧州CL 1次L第1節D組   ガラタサライ3ー0ロコモティフ・モスクワ ( 2018年9月18日 )

ロコモティフ・モスクワに快勝し、喜ぶ長友(左から3人目)らガラタサライイレブン(共同)
Photo By 共同

 7季ぶりの舞台で日本代表DF長友が躍動した。献身的な守備で無失点勝利に貢献。得点にこそ絡めなかったが「最高のスタートが切れた」と手応え。

 欧州CLでのプレーはインテル時代の2011〜12年シーズン以来で「久しぶりで気合も入ったし、アンセム(CLのテーマ曲)は鳥肌が立った。最高の雰囲気の、ホームのスタジアムで最高の戦いができた」と感慨に浸った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年9月20日のニュース