平山相太氏が告白 大迫より「半端なかった」怪物が伸び悩んだ理由…本田との“差”語る

[ 2018年7月7日 12:00 ]

「消えた天才 〜一流アスリートが勝てなかった人大追跡〜」に出演する平山相太氏
Photo By スポニチ

 元サッカー日本代表FWの平山相太氏(33)が、8日放送のTBS「消えた天才 〜一流アスリートが勝てなかった人大追跡〜」(後7・00)に出演。高校時代に歴代最高のストライカーと呼ばれながらも伸び悩んだ要因を自ら分析し、テレビ初告白する。

 高校サッカー選手権100年の歴史で歴代最多となる17ゴールをあげた平山氏は、ロシアW杯での活躍で、高校時代の異次元なプレーが再脚光を浴びた「大迫半端ないって」でおなじみの大迫勇也(28)らを抑え、「高校サッカー歴代最高のストライカー」と呼ばれる。19歳でU―23日本代表としてアテネ五輪に出場し、20歳になるとオランダ1部リーグでチーム得点王に輝くなど、順風満帆なサッカー人生を歩んでいた。

 ところが、オランダのクラブを1年でクビになり帰国すると、Jリーグでも10年間で目立った成績を残せないまま今年1月にひっそりと現役引退を発表した。日本代表としては通算わずか4試合。とうとうW杯に出場することがないまま、現役を退くこととなった。

 なぜ、オランダのクラブを1年でクビになったのか。なぜ、怪物は伸び悩んだのか。平山自身がその理由をテレビ初告白。また、ユース時代に当時無名だった1歳下の本田圭佑(32)との間に起きたエピソードを語り、W杯で結果を残す本田と自身の違いを分析する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年7月7日のニュース