昌子“CL談議”に花 DFとしての対策と準備、W杯の警戒点に

[ 2018年5月29日 05:30 ]

キリンチャレンジカップ2018   日本-ガーナ ( 2018年5月30日    日産ス )

ウォーミングアップをする昌子(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 昌子が宿舎の円卓テーブルで“CL談議”に花を咲かせたことを明かした。

 話題の中心はリバプールとの決勝で途中出場から2得点を挙げたRマドリードのFWベイル。「(DFとして)あれはどうしたらええの?」「(対策として)クロスを上げさせない」などの会話が繰り広げられたという。中でもミスを犯したリバプールGKカリウスについて「大舞台に慣れている人でもああいうプレーが起こるということは、前の段階での準備が必要になる舞台なんじゃないかな」とW杯での警戒すべき点に重ね合わせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年5月29日のニュース