PR:

イニエスタ 神戸へ完全移籍 総額100億円規模の超大型契約

J1神戸へ完全移籍が決定したイニエスタ(AP)
Photo By AP

 神戸がバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)を完全移籍で獲得することが23日、決まり、24日に来日する。

 複数の関係者によると、3年契約で年俸は2500万ユーロ(約32億2500万円)程度。総額100億円規模の超大型契約となった。年俸6億円の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)との“38億円ホットライン”を開通させ、力を見せつける。

 破格の年俸は、フォルラン(元C大阪)やポドルスキの推定6億円を大きく上回るJリーグ史上最高額。超異例だが、J1制覇やACL制覇を目指す神戸は、世界屈指の司令塔を必要と判断した。

 最大の注目はもちろん、ポドルスキとのホットラインだ。以前に「イニエスタが来て嫌な監督はいないと思う」と話していた吉田孝行監督にとって、ポジションなどの起用法はうれしい悩みとなる。競技は違えど、プロ野球・阪神の助っ人も含めた年俸総額は35億7085万円。その金額を上回る価値を持つ2人のスターが、Jリーグで、同じチームで並び立つ。

[ 2018年5月24日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月20日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム